プロへ雨漏り調査を依頼するなら散水調査を活用しよう

雨漏りの危険性を回避するなら雨漏り調査が大活躍

雨漏り調査は散水調査がおすすめ

男性

雨漏り対策は原因の究明が重要であり、散水調査の実施がおすすめです。その他にも、目視や他の機材を用いる雨漏り調査の方法に比べて、確実で安上がりといったメリットがあるからです。しかし、原因を特定するためには、豊富な経験と知識が要求されますので専門のプロに依頼しましょう。

散水調査とは

建物の補修を行う前段階において、雨漏りする箇所を特定するために、散水調査を行う場合があります。散水調査は目視で補修箇所を特定するよりも、精度の高い雨漏り調査を行うことができる方法になります。高圧水を使うと建物にダメージを与えてしまいますので、通常はシャワーホースを使って、雨に近い状態で調査を行います。しかし、素人の方が想像する以上に雨漏りの再現は難しいのです。ですので、補修箇所を特定するためには、ノウハウとコツが必要となりますのでプロに任せる方が得策です。

散水調査のメリット

費用が安く収まる
雨漏り調査をする方法の中で、散水調査はシャワーホースを用いて水をかけるシンプルな方法であるために、必要となる費用は人件費と装置代程度に収まります。散水の際に使用する水は、依頼人の水道を使うことになりますので、水道代の費用請求はありません。そのため、薬品を散布する方法や、赤外線を使った調査に比べて、安価で済むといったメリットがあります。
結果が分かりやすい
雨漏り調査は、雨漏りを実際に再現する調査方法ですので、住宅の補修すべき箇所を把握することができます。また、雨漏り原因を特定するための手掛かりになるとともに、依頼者に実際に見てもらうことで、状況を説明しやすいのが特徴です。住宅補修作業の見積り相談の際にも、納得の上で補修作業を行うことができます。顧客に対して説得力のある調査方法であると言えます。

散水調査の注意点

調査に時間がかかる
雨漏り調査には、雨漏りを再現するまでに時間がかかる場合があります。ほとんどの場合、問題箇所を特定するまで、繰り返し散水調査を行うことになるからです。作業開始から完了するまでに、半日から一日程度の時間を想定しておく必要があります。
天候に影響される
雨漏り調査は、雨漏りを再現する方法ですので、実際に雨が降っている状況では実施することができません。天候によって実施可能な日が左右されるといったデメリットがあります。業者と相談しながら、天候の良い日を選んで散水調査を実施しなければなりません。

雨漏り調査は確かな技術を持ったプロに依頼する

雨漏りの調査は、住宅修理専門のプロの立場から見ても難しい作業の一つと言われています。また、原因が一つとは限らないために、問題箇所を特定してもすぐに修理完了とはならないケースが多々あります。雨漏りの原因が複数あった場合、発見した箇所を修理しても、完全な問題解決とならず雨漏り調査の継続が必要となります。したがって、完全な雨漏りの原因究明のためには、豊富なノウハウと知識を保有している優秀な業者選びが肝心となります。

TOPボタン
補修の前段階で確認!雨漏り調査をするなら「散水調査」