散水調査で雨漏りしているかどうかを確認する際の流れ

雨漏りの危険性を回避するなら雨漏り調査が大活躍

散水調査から施工までの流れを見る

雨漏り調査の流れを把握しておきましょう。それから散水調査による原因特定と工事完了の日程を把握しておくことが大切です。

施工完了までの流れ

ご相談

詳しい要望をお聞きし修理箇所を特定するための計画を立てます。雨漏り原因特定のための散水調査の日程調整を行います。

散水調査の後見積り作成

雨漏り原因特定のために、現地にて散水調査を実施します。調査結果をふまえて修理工事の見積りの提示と工事契約を行います。

荷物の移動後工事着工

雨漏り工事に必要な屋根や工事箇所の家具、荷物の養生を実施します。工事箇所に最適な工法で施工していきます。

専門工事の後に施工完了検査

雨漏り修理工事が終了したら、工事報告書の作成と保証書の提出及び、工事結果の報告を現地にて立ち会いで説明します。

散水調査による建物の雨漏り原因特定と、修理工事の流れを確認しました。事前にしっかりと工程と注意点を確認してくことが重要です。

雨漏り工事の方法とは

雨漏りの原因となる箇所が、散水調査によって特定できたら修理を開始します。建物の上から下、外から内に向かって修理を進めていきます。そして、各部の代表的な工事方法を知っておくことも大切です。状況に応じて適切な方法で修理していきます。

箇所ごとによって異なる施工方法

屋根
瓦のひび割れには、防水コーキング等で修理を施したり、屋根塗装などを実施します。経年劣化が原因となっている場合は、屋根材の張替えや葺き直しを行います。
内装
内装工事は天井板の張替えの他にも、浸水の原因によって適切な工事内容が選択されます。さらにクロス張替えによりシミ等の汚れをカバーします。
外壁
外壁の工事方法は、雨漏りの原因となる箇所に対して、ひび割れの補修や塗装、張替えなどの工事に加え、防水コーキングを施すのが一般的です。

その他の工事方法

瓦屋根

スチール製物置なら分解してトタン屋根の張替えをします。難しいのであれば、屋根全体を樹脂製の波板で覆う方法を選択することもできます。出窓は雨漏りがしやすい箇所とされており、出窓サッシを付けるか、外壁を出してサッシを付ける方法があります。それから、サッシの修理業者によっては、工事できる場合もありますので、相談してみましょう。

TOPボタン
散水調査の流れ|補修の前段階で確認!雨漏り調査をするなら「散水調査」