雨漏りの原因を特定する散水調査に関する基本事項

雨漏りの危険性を回避するなら雨漏り調査が大活躍

散水調査に関するQ&A

業者

雨漏りの原因を特定する散水調査について、疑問となる事項を解決するために、以下にQ&Aを掲載しますので参考にしてください。

散水調査に関して気になる質問集


散水調査よりも効果的な雨漏り調査はありますか?
高感度赤外線カメラを用いて、建物表面の温度変化を測定する工法が雨漏り調査に有効です。漏水や湿気による温度変化を感知することで、外壁の異常や雨水の侵入経路など、雨漏りのメカニズムを非接触で解析します。また、散水調査と併せて実施することで、それぞれ単独で行う場合に比べて、より精度の高い調査を実施することが可能となり、信頼性が増します。
業者選びのポイントなどはありますか?
雨漏りの原因を特定する雨漏り調査は、プロでも手こずる作業です。専門知識を持っている信頼できる業者であれば、雨漏りの原因や修理工事の内容を詳しく教えてくれます。優良な業者を選ぶポイントは、公的資格である雨漏り診断士の有無で判断することをおすすめします。なぜかというと雨漏り原因を特定する専門性の高いノウハウを習得した専門家ですので、より高度で信頼のおけるサービスの提供が期待できるからです。
雨漏りの原因が特定できなかった場合でも調査費用を支払う必要はありますか?
雨漏り診断士であれば、現場調査の段階で有用な判断を下せる可能性がありますが、判断が難しいケースでは、本格的な雨漏り調査を実施する必要があります。成功報酬型の料金体系を採用している業者であれば、原因を特定できなかった場合には調査費用は無料となります。ただし、その場合においても、調査に要した足場や諸経費など、必要最低限の費用が請求される場合がありますのでご注意ください。

次世代型の調査方法~レインボービューシステム~

雨漏り調査の画期的な手法によって、複数箇所の原因特定の時間を大幅短縮できます。次世帯の調査方法を知っておきましょう。

レインボービューシステムとは

レインボービューシステムは、7色に発光する調査液と紫外線との組み合わせによって、雨漏りの原因となる箇所を効率的に見つけることができる工法です。紫外線を照射し、発光した結果で雨漏りの原因を特定します。また、散水時の調査液の色を使い分けることで、問題箇所の特定をしやすくなります。それから、従来の工法に比べて調査時間を大幅に短縮することが可能となっています。

TOPボタン
散水調査の疑問|補修の前段階で確認!雨漏り調査をするなら「散水調査」